読譜の重要性

楽譜が読めずに困っていませんか?


・子供が何年もピアノを習っているのに、楽譜が読めないまま…

・新しい曲を渡されると、喜ぶどころか楽譜を読むのが大変でやりたくない

・グループレッスンで楽しんでいるが、いつまでも楽譜が読めず先が心配…

・中学校で憧れの吹奏楽部に!でも楽譜が読めない!!

・コンクールに出て好成績を収めているが、読譜がイマイチ…

・大人になって、やっぱりピアノが弾きたい!でも楽譜が読めないし…

私は某楽器店のピアノ講師などを経て、現在、自宅でピアノを教えています。

ピアノが、音楽が、大好きな子供達!

でも、

楽譜を読むのが嫌い!

新しい曲をもらうと、気が重い

周りのみんなが楽譜が読めるのに、自分だけ読めなくて泣き出す…

そういう生徒をみてきました。

ちょっとした読み方のコツと短期間のトレーニングで、ほぼ解決できるのです。
ですが、それには環境作り。
ご家族、保護者の協力が必要不可欠です。

ピアニストにする訳じゃないし…


『ピアニストにする訳じゃないし…趣味程度だから、別に楽譜が読めなくても…』

というご家庭にこそ、読譜が必要です。
そのために活用して頂きたいDVDです。

小さい頃から自宅で毎日、保護者がついて練習する子供は、セオリー(楽典)教材も日々着実にこなしていくので、読譜であまりつまづきません。
演奏する曲数も多いので、読譜する回数も多く、自然とかなりの読譜トレーニングをしています。
ですが、自宅であまり練習をしない、保護者が練習に関して放任主義だと、
「音楽を趣味」にする前に、リタイアしてしまうケースが多いのです。

「ピアニストにする訳じゃない」

ほとんどの保護者はそうだと思います。

「音楽を趣味に」
「少しでもピアノが弾けるように」
そのように望まれている保護者が大多数ではないでしょうか。

その場合に重要なのが読譜です。
読譜が一人できちんと出来るようになれば、お稽古を辞めた後も、例えば、流行っているポップスの曲が弾いてみたい!となった時にも、何とか取り組めます。
「音楽を趣味」にするためにこそ必要なのが「読譜」なのです。

「練習に付き添う時間がない」
「自分が楽譜が読めないから教えられない」
そういうご家庭でこそ、このDVDを活用して欲しいと思っています。
是非、集中して行い「音楽を趣味」にして下さい。


楽譜を読む(=読譜)能力とは?

楽譜を読む(=読譜)能力は、個人差があります。
つまづかない子供は、不思議と全くつまづきません。

確かな原因は分かりません。
図形認識力にすぐれている子供は、すぐ理解できる場合が多い、
大人でいうと、理数系の方は理解が速いなどといわれています。
逆に言えば、読譜力をトレーニングすることで、それらもトレーニングできるのかもしれません。

では、つまづく子供はどうすればいいのか?

順序立ててトレーニングすることです。

「ピアノに向いていない」と辞められる方の原因の多くが「楽譜が読めない」ことからきていることが多いのです。

・楽譜を読むのに時間がかかるから、1曲にとても時間がかかる。
・そのため周りのお友達より、進みが遅く、いつまでたっても初級の曲しか弾けない。
・音楽教室に通っているのに、学校の音楽の時間で音名が答えられずに自信を無くす。

もちろん、耳から覚えるメソードもあり、耳から覚えることもとても大切です。

ですが、音楽教室、ピアノ教室に通わせているのであれば、現実問題として「楽譜が読めないこと」で劣等感を感じる事が多くあります。
そしていつまでたっても、保護者は一緒に自宅でピアノに向かわなくてはなりません。

楽譜は、音符を一つ一つ読んでいくのではありません。
読み方のコツがあるのです。読譜とは楽譜、五線譜、音譜の読み方です。
多くの生徒が、単純なトレーニング不足から「苦手意識」を持ってしまう五線譜の読み方。
大好きだったピアノが嫌いになっていく理由の多くが
「楽譜が読めないから」
本人にとっても、音楽を楽しんで欲しいという保護者にとっても、指導者にとっても悲しいことです。

楽譜が読めるようにならない=向いてない?!


楽譜を読むことにつまづく子供が音楽に向いていないのかといえば、そんなことはありません。
感性や音楽性は、読譜とは別の問題なのです。

読譜トレーニングで大切なのは、短期間できちっと順序だてた指導を受けることです。
ですが、読譜の指導に時間をかけないメソード、教室が多くあるのも事実です。
先生によっては、読譜の指導を重要視していなかったり、いつか自然に出来るようになるもの、と達観していることもあるようです。

「一人で楽譜を読めるようになって欲しい。そして音楽を楽しめる人になって欲しい」と望む方に、是非使って頂きたいDVDです。

短期間トレーニングが効率的!


そして重要なのが「短期間で」ということです。

短期間で習得できれば、保護者がずっとピアノに張り付いて自宅で教える必要もなくなり、
子供自身にも一人で読めることで自信がつき、自立心も芽生えます。

「一人で練習できるよ!」
となります。

両者にとって、いい事尽くめなのです。
さらに、週1回より毎日することで、忘れることなく効率的に進められます。

個人差によりますが、1ヶ月〜3ヶ月程度、集中的に行うことで、ほぼ忘れることはなくなります。
教室でも復習のつもりで3ヶ月に1回ほどさせたりしますが、ほとんどの生徒が忘れることなくスラスラと答えます。

従来、生徒に音譜カードを渡し、自宅で練習してもらっていました。
保護者の協力、意欲があり、きちんと音譜カードを練習してくる生徒はどんどん伸びました。
音譜が読めるので、たくさんの曲を練習してきます。
余裕があるので、指の形も確認しながら弾けます。

しかし、保護者に音楽の知識がなく子供に教えられなかったり、仕事で忙しくトレーニングに付き添えない場合、音譜カードはカバンの中に眠ったまま1週間使われることがないことが多くありました。
翌週、教室で1週間ぶりに音譜カードをしても、ほぼ忘れています。
本人もガックリ肩を落とします。
毎回、同じ事の繰り返しで、私が音譜カードを取り出すと、嫌な顔をします。


DVDで気軽にトレーニング!


音楽に向いてない訳でもないのに、こうした理由で劣等感を感じる子供が多く悩んでいました。

そこで気軽に一人でトレーニングできるものを!と作成したのがこのDVDです。

DVDを再生し、毎日、5分から10分程の時間が確保できれば、トレーニングができます。
ご飯を作っている間に、朝ごはんの時に、寝る前に。
是非、見る習慣をつけてください。

読めるようになったら、机の上に紙の鍵盤を乗せ、場所を確認するのも効果的です。

時間がある時は、家族みんなですると楽しく、自信がつくようです。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。